アレルギーは何が原因になるの?

ここでは抗体(IgE)が関与する代表的なアレルギーの原因をご紹介します。

抗体(IgE)とは免疫にかかわるタンパク質で、アレルギー体質の指標の一つです。アレルギーの原因物質であるアレルゲン(食べ物、スギ花粉など)が体内に入ると

  1. 体がアレルゲンを異物と判断し-
  2. 抗体(IgE)を生成します。
  3. 抗体(IgE)は肥満細胞という細胞に結合します。
  4. 再びアレルゲンが体内に侵入し、抗体と結合します。
    この時に肥満細胞がヒスタミンなどのケミカルメディエーターを放出します。
  5. このケミカルメディエーターが原因となってアレルギー反応を引き起こします。

*ケミカルメディエーターとは細胞から細胞へ情報伝達する化学物質です。

アレルギー発生の仕組み

アレルギーを起こす主な原因物質(アレルゲン)

アレルギーの原因にはこんなものがあります。(一例)

アレルギーを起こす主な原因物質(アレルゲン)