以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

製品・事業領域紹介食品包装用ラップフィルム編

なるほど、ラップに色をつければ、万一、料理に混ざっても見つけやすい。
厨房おもいだね。

<業務用 日立ラップ ブルータイプ>


東海道新幹線 車内デッキ部掲出

 

近年、食品調理工場、給食施設やホテルの厨房において、食の安全管理の重要性が高まっています。しかし調理現場では、食品にラップフィルムなどの包装資材が誤って混入しても、フィルムが透明で見分けが難しいという問題があり、その対策が求められていました。
そこで当社は「青色」で着色した「業務用 日立ラップ ブルータイプ」を新たに開発。


<業務用 日立ラップ ブルータイプ>

一般的な食材には少ない「青色」のフィルムであるため、誤って食品に混入しても見つけやすいという特徴を持つほか、食材の仕分けなどにも活用できる製品となりました。
当社では、このほかにも、厨房向け業務用ラップとして高い支持をいただいている通常タイプの「日立ラップ」や、食品を雑菌から守る「抗菌日立ラップ」など、用途に応じた幅広いラインアップを取り揃え、プロのご要望にお応えしています。


<業務用 日立ラップ>

前のページへ

次のページへ

  • ページトップへ