以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

沿革

事項
1912
  • (株)日立製作所において油性ワニスの研究を開始し、これをもって当社の創業としている
1952
  • (株)日立製作所日立絶縁物工場(現 山崎事業所)が日立工場より独立
1961
  • (株)日立製作所下館分工場が同社下館工場(現 下館事業所)として独立
1962
  • 日立化成工業(株)設立
1963
  • (株)日立製作所の化学製品部門の営業資産を譲り受け、同時に日立化工(株)を吸収合併して営業開始
1965
  • 神奈川工場(コンデンサ部門)を分離独立させ、日立コンデンサ(株)(現 日立エーアイシー(株))を設立
  • 桜川工場(現 山崎事業所(桜川))を設置
1968
  • 松戸工場(粉末冶金部門)を分離独立させ、日立粉末冶金(株)を設立
  • 石神分工場(現 山崎事業所(勝田))を設置
1969
  • 結城工場(現(株)ハウステック結城工場)を設置
1970
  • 東京・大阪両証券取引所市場第二部に上場
1971
  • 東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場
1973
1974
  • 本店を東京都千代田区より東京都新宿区に移転
1980
1986
1990
1994
  • 桜川工場を山崎工場(現 山崎事業所)に、南結城工場を下館工場(現 下館事業所)に、五所宮工場を結城工場に統合
1995
  • 結城工場から五所宮工場を分離
1999
  • 筑波開発研究所、茨城研究所及び下館研究所の組織を統合し、総合研究所(現 コア技術革新センタ)発足
  • 工場を事業所に呼称変更
2000
2001
  • 日立エーアイシー(株)の当社完全子会社化
  • 住宅機器・環境設備部門を会社分割により当社完全子会社の(株)日立ハウステック(現 (株)ハウステック)として分社
2003
  • 委員会等設置会社(現 「委員会設置会社」)に移行
2005
  • 総合研究所を機能性材料研究所、電子材料研究所及び先端材料研究所(現 コア技術革新センタ)に再編
2008
  • (株)日立ハウステック(現 (株)ハウステック)株式の譲渡により、当社グループ事業から住宅機器・環境設備を分離
  • 日立粉末冶金(株)の当社完全子会社化
  • 機能性材料研究所、電子材料研究所及び先端材料研究所の組織を統合し、先端材料開発研究所、新材料応用開発研究所に再編
2009
  • 日化設備エンジニアリング(株)を吸収合併
  • 先端材料研究所及び新材料応用研究所を統合し、筑波総合研究所(現 コア技術革新センタ)発足
2010
  • 五所宮事業所を下館事業所に統合
  • 日立粉末冶金(株)の営業、事業企画及び研究開発部門を当社に統合
2012
  • 新神戸電機(株)の当社完全子会社化
  • 日東電工(株)より半導体用封止材事業を譲受け
  • 新神戸電機(株)の電池関連の研究開発部門を当社に統合
2013
  • 商号を日立化成株式会社に変更
  • 本店を東京都新宿区より東京都千代田区に移転
  • 新神戸電機(株)の営業、事業企画及び電池関連以外の研究開発部門を当社に統合
2014
  • 日立粉末冶金株式会社を吸収合併、松戸事業所を設置
  • 日立化成商事株式会社における当社グループ製品に関する営業権を当社に移管
2015
2016
  • 新神戸電機株式会社及び新神戸テクノサービス株式会社を吸収合併、埼玉事業所、名張事業所、彦根事業所を設置
  • 日立化成ポリマー株式会社、日立化成フィルテック株式会社を吸収合併
2017
  • FIAMM Energy Technology S.p.A.の連結子会社化
  • ページトップへ