以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

ESGデータ集

環境データ

環境会計

日立化成は、環境省の「環境会計ガイドライン2005年度版」に則って環境会計制度を導入し、その集計結果を開示しています。各年度の環境会計結果に基づき、経営資源を適切に計画的に環境活動に配分しながら、環境投資や環境保全活動の効率化を図り、継続的な環境改善に努めています。2016年度は、従来の温暖化防止に加えて、有害物質の流出防止を含む公害防止に対して重点的に投資をしています。今後も地球環境負荷の低減に向けて、中長期的な計画に基づいて、より少ないコストで最大限の効果を得るべく、環境活動を継続していきます。

環境保全コスト
項目 費用(億円) 主な内容
2015年度 2016年度
1.費用合計 83.0 68.4  
  事業所エリア内コスト 46.2 39.6 環境負荷低減設備の維持管理費、減価償却費など
上・下流コスト 0.9 1.2 グリーン調達費用、リサイクルに関する費用など
管理活動コスト 4.8 5.2 環境管理人件費、環境マネジメントシステムの運用、維持費用など
研究開発コスト 30.5 21.8 製品・生産工程の環境負荷低減の研究開発および製品設計に関する費用
社会活動コスト 0.4 0.4 緑化・美化などの環境改善費用
環境損傷コスト 0.2 0.2 環境関連の対策費、拠出金、課徴金
2.投資合計 5.0 6.7 省エネ設備など直接的環境負荷低減設備への投資
環境会計経済効果
効果の内容 経済効果(億円)
2015年度 2016年度
省エネルギー 7.4 10.2
歩留まり向上 8.2 11.3
廃棄物のリサイクル 11.1 2.5
その他 0.3 0.2
合計 27.0 24.1

投資の対策別内訳比率

投資の対策別内訳比率
  • ページトップへ