以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

社会性報告

お客さま・お取引先とともに

サプライチェーンマネジメントの基本的な考え方

より良い製品をお客さまに提供するためには品質・納期・価格・先進技術に関する顧客要求に合致した資材を入手することが不可欠です。そのため、経営力・管理能力が高く、安定供給が可能なお取引先をグローバルな視点で探索し、強固なサプライチェーンを構築するよう努めています。特に近年力を入れているのは一社生産品のリスク対策と新興国を中心としたLCC(Leading Competitive Countries)の新規お取引先の獲得です。

加えてお取引先の品質管理・コンプライアンス体制、環境保全への取り組みなどを評価基準にした取引を行うため、お取引先のCSRの実態を把握するための監査やアンケート調査を実施しています。人権の尊重、労働安全衛生の確保、法令および社会的規範の遵守、環境保全活動などの面で、改善が必要な分野を指摘し、改善を促し、意識を共有することで、サプライチェーンが一体となって企業の社会的責任を果たしていきます。

公平な立場でのお取引先との相互理解の取り組み

日立化成はサプライチェーンにおける社会的責任を実現させるため「日立化成購買方針」、「日立化成購買取引行動指針」を定めています。この精神に基づき、お取引先との公平な関係の構築に努力してきました。また、サスティナブルビジネスの重要性がいっそう高まっている中で、お取引先との相互理解をより深化させていくため、2011年度に「日立化成サプライチェーンCSR調達ガイドライン」、「グリーン調達ガイドライン」を作成し、ホームページに掲載しました。このガイドブック、ガイドラインは、新規お取引先にも取引開始の都度渡しています。

このほか、(株)日立製作所主催の「パートナーズデイ(調達方針説明会)」に、2010年度から毎年日立化成のお取引先を招待しており、日立グループの調達方針に対する理解を深めていただいています。

お取引先との連携強化

日立化成はお客さまに納入する製品の安定供給および品質向上のため、定期的なISO監査、技術連絡会議などを通じて原材料供給元であるお取引先の状況やリスクを把握し、改善への意見を交わして連携強化を図っています。また説明会やホームページでの情報開示・対話を進めるとともにお取引先の環境マネジメントシステム構築支援も行うなど総合的なサプライチェーンマネジメント(SCM)を実践しています。この活動の中でコスト低減のための納入仕様の変更や、預託在庫方式による物流費の削減など、原価低減のご提案をお取引先からいただくこともあります。

CSR調達・監査

2014年度から「日立化成サプライチェーンCSR調達ガイドライン」を日立化成各社の主要取引先約400社へ配布しました。主要なお取引先約200社(全購入額の9割相当)に対しては、「日立化成サプライチェーンCSR調達ガイドライン」に添付されているチェックシートを利用し、お取引先におけるCSR活動の実態について自己診断をお願いしており、2014年度までに約60%のお取引先から回答をいただきました。その結果に基づきお取引先を直接訪問し、人権、労働環境などを含む日立化成の考え方をご理解いただくための活動を行っています。また、高品質の資材を安定的に提供していただける体制を確認するため、当社の各事業所は、毎年サプライヤーに出向いて監査を実施しています。2015年度は137社を監査しました。

サプライヤー監査数※

新規サプライヤーの選定

新規サプライヤーの選定にあたっては、購入品の価格、品質、財務上の信用などに加えて、CSRの観点からの審査も行っています。すべての審査について調達部門の最高責任者が調査結果を確認し、問題ある場合にはお取引を見合わせることもあります。

紛争鉱物への取り組み

日立化成は、「日立化成購買方針」および「日立グループの紛争鉱物調達方針」に基づき、お客さまの要請する使用対象鉱物の産地調査を、サプライチェーンを遡って実施しています。

これからも、コンゴ民主共和国およびその周辺地域で重大な人権侵害を引き起こしている武装勢力の資金源を断つ目的で定められた米国金融規制改革法(通称ドッド・フランク法)1502条の趣旨を尊重し、調査依頼に誠実に対応していきます。

  • ページトップへ