以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

社会性報告

社会とともに

地球環境の保全

日立化成では、事業活動のみならず、社会貢献活動の推進目的の一つにも「地球環境の保全」を掲げて、国内外の各事業所でさまざまな活動を進めています。

「グリーンカーテンプロジェクト」

協力:NPO法人 緑のカーテン応援団

日立化成では、2006年度より従業員参加型活動「グリーンカーテンプロジェクト」に取り組んでいます。

グリーンカーテンプロジェクト

グリーンカーテンプロジェクト



グリーンカーテンプロジェクト

グリーンカーテンプロジェクト


「霞ヶ浦周辺環境再生事業『しょうゆとお米で自然とつながろうプロジェクト』」

協力:認定NPO法人 アサザ基金

日立化成も工業用水として利用する、日本で2番目に大きな湖である霞ヶ浦では、人口増加や経済活動の進展に伴い、首都圏に水を供給することを目的として大規模な開発が行われました。湖岸はコンクリートで固められ、水門も閉鎖されたことで海との連続性が絶たれた結果、水質が悪化しています。さらに森林やため池などの身近な水源が失われつつあり、流入する水質も悪化しています。

日立化成は、2012年度よりNPO法人アサザ基金と協働で、霞ヶ浦でのアサザ(水藻)植え付けや、周辺地域の環境改善活動に取り組んでいます。アサザなどの浮葉植物が波を穏やかにすることにより、波に運ばれてきた土砂が堆積し、やがて浅瀬を形成します。これにより、浅瀬には生き物が集まり、湖の生態系を再生させるための取組みです。

2017年度は、霞ヶ浦でのアサザ植え付けのほか、霞ヶ浦の上流である茨城県桜川市の耕作放棄地を日立化成の従業員ボランティアが地域の方々とともに再生し、米作りを行いました。生態系調査や生きもの観察などを通じて、子どもたちへの教育活動にも役立てています。2017年度は177人が参加しました。

霞ヶ浦地域での自然環境再生活動

霞ヶ浦地域での自然環境再生活動

「水のいきものふしぎはっけん!」

協力:すみだ水族館

日立化成とすみだ水族館は「水のいきものふしぎはっけん!」と題した、小学生向けワークショップを2013年度より実施しています。生物の源である海、そして生命の豊かさ、生態系について、未来の地球を担う子どもたちに、ワークショップでの体験を通じて理解を深めてほしいとの想いから、実施しているものです。2017年度はクラゲに関するワークショップを6回開催し、40人の子どもたちが参加しました。飼育スタッフとの対話や飼育体験を通じて、海の生き物に対する理解が深まりました。

また、2015年度より開始した、ワークシートを利用したオリエンテーション型プログラム「ふしぎはっけん!クラゲ検定」は来場者が自由に参加できるプログラムで、水槽内のクラゲを観察して絵を描くなど、クラゲに関するさまざまな設問に答え、生態について楽しく学ぶことができます。2017年度は8,930人が参加しました。

今後も、「生態系保全」と「生物多様性」に対する理解を促す活動を広げていきます。

映像

これまでに実施したワークショップの様子をご紹介します。

  • ページトップへ