日立化成株式会社

ここから本文

ニュースリリース

2011年3月31日
日立化成工業株式会社

当社卓球部 藤沼選手、渡辺選手が現役を引退

日立化成卓球部所属の藤沼選手、渡辺選手は本日をもって現役を引退いたします。

藤沼選手は、栃木県の出身で、家族の影響で卓球を始め、高校時代から日本代表に選出され、日本女子代表の中では数少ないサウスポーとして団体戦・シングルス・ダブルスと多くの種目で活躍しました。高校卒業後、他チームでのプレーを経て、2008年4月より当社卓球部に所属し、国内大会の他、2009年には世界卓球選手権、国際卓球選手権にも出場するなど多くの試合で活躍してまいりました。21年間の現役期間中、シドニー五輪、アテネ五輪と2度の五輪に出場し、日本女子卓球界の発展にも貢献してまいりました。

渡辺選手は、山梨県の出身で、家族の影響で卓球を始め、高校時代、大学時代ともに全国優勝を果たし日本代表にも選出されるなど、強豪選手として活躍してまいりました。大学卒業後は、他チームでのプレーを経て、2009年3月より当社卓球部に所属。その年の日本卓球リーグでの団体初優勝に貢献するほか、国内大会で上位の成績を収めてまいりました。

上記2選手は、本日をもって競技者として一線を退きます。当社卓球部在籍中の主な戦歴と引退に際してのコメントは以下のとおりです。

《藤沼 亜衣(ふじぬま あい)》

栃木県出身

 

▽主な戦歴

2008年4月

日立化成工業入社(卓球部に所属)

2008年

全日本社会人卓球選手権大会 女子シングルス 準優勝
全日本卓球選手権大会 団体の部 優勝

2009年

ジャパントップ12卓球大会 女子シングルス 優勝
日本卓球リーグ 団体の部 優勝
国民体育大会 団体の部 優勝
全日本卓球選手権大会 団体の部 優勝

2010年

全日本卓球選手権 女子シングルス 準優勝
全日本社会人卓球選手権 女子シングルス 優勝
ジャパントップ12卓球大会 女子シングルス 準優勝

 

= 藤沼選手のコメント =

この度、2010年3月をもちまして21年間続けてきた選手生活にピリオドを打つことを決意致しました。

日立化成工業に入社してからは、卓球ができることの喜びをこれまで以上に強く感じ、人にも環境にも恵まれ幸せな卓球生活を送ることができました。今まで支えて下さった方や、応援して下さった多くの方々に感謝の気持ちで一杯です。本当に有難うございました。

当面は私がこれまでに得た経験をチームの選手たちに伝える役割を行いますが、その後は少し休養をとりながら新たな道を考えていこうと思っています。

今後も日立化成卓球部を温かく見守って頂きますようお願い申し上げます。

 

《渡辺 裕子(わたなべ ゆうこ)》

山梨県出身

 

▽主な戦歴

2009年3月

日立化成工業入社(卓球部に所属)

2009年

日本卓球リーグ 団体の部 優勝

2010年

全日本卓球選手権 女子シングルス 第7位、女子ダブルス 第7位
ジャパントップ12卓球大会 女子シングルス 第3位
日本卓球リーグ・ビッグトーナメント 女子シングルス ベスト8
全日本社会人卓球選手権 女子シングルス 第6位、女子ダブルス 第6位

2011年

全日本卓球選手権大会 女子シングルス ベスト8

 

= 渡辺選手のコメント =

この度、3月31日を持って日立化成工業を退職し、これを機に卓球活動についても第一線から退くことを決意しました。

両親の影響で卓球を初め、これまで数多くの方々に支えられ、大好きな卓球を続けてくることができました。本当に有難うございました。

卓球を通じ沢山の事を学び、経験させて頂きました。不安もありますがこれまでの経験を活かしいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

今後とも、当社卓球部に変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

 

2010年1月 全日本卓球選手権大会での藤沼選手

 

2010年10月 全日本社会人卓球選手権大会での渡辺選手

 

2009年日本卓球リーグ 団体の部初優勝時
(前列左から2番目が藤沼選手、右から2番目が渡辺選手)

本文ここまで
 
このウィンドウを閉じる日立化成ホームページへ