Hitachi Chemical

ニュースリリース

2014年3月31日
日立化成株式会社

当社卓球部 上田選手が現役を引退

日立化成卓球部所属の上田選手は、本日をもって現役を引退いたします。引退後は引き続き日立化成の社員として在籍します。

上田選手は京都府出身で、生まれつき両耳がほとんど聴こえない聴覚障がいを持っています。5歳の時、卓球の大会で、福原愛選手のプレーを見たのがきっかけで卓球を始めました。大学在学中、2009年に第21回夏季デフリンピック(台北)で女子シングルス銀メダルの成績を収めました。大学卒業後は2012年4月より当社卓球部に所属し、2012年世界ろう者卓球選手権大会ではシングルス、ダブルス、女子団体で3冠、2013年第22回夏季デフリンピック競技大会(ソフィア)ではシングルス金メダルなど輝かしい成績を残しました。
当社卓球部在籍中の主な戦歴と引退に際してのコメントは以下のとおりです。

《上田 萌(うえだ もえ)》
京都府出身

▽主な戦歴
2012年4月 日立化成工業入社(卓球部所属)
2012年 2012世界ろう者卓球選手権大会
女子シングルス 優勝
女子ダブルス 優勝
女子団体 優勝
2013年 第22回夏季デフリンピック競技大会(ソフィア) 女子シングルス 金メダル
女子ダブルス 銀メダル
女子団体 銅メダル

=上田選手のコメント=
この度、本年3月をもちまして卓球選手を引退することを決意致しました。 2年前に日立化成卓球部に入部し、監督、仲間、社員、その他多くの関係者の皆さまに支えて頂いた結果、デフリンピックで金メダルを獲るという目標を達成する事が出来ました。これまで応援して下さった多くの方々に、感謝しています。本当に有難うございました。 これからは、社員として会社に残り、卓球で培った経験をもとに、地域・社会に貢献していきたいと考えています。

2012年 世界ろう者卓球選手権大会での上田選手の写真
2012年 世界ろう者卓球選手権大会での上田選手

2013年 第22回夏季デフリンピック競技大会での上田選手の写真
2013年 第22回夏季デフリンピック競技大会での上田選手

以上