Hitachi Chemical

ニュースリリース

2014年4月17日
日立化成株式会社

中国鄭州の自動車用内・外装成形品の製造子会社がバックドアの生産を開始

日立化成株式会社(本社:東京、執行役社長:田中 一行、資本金:155億円、以下、日立化成)の子会社である日立化成工業(鄭州)汽車配件有限公司(以下、日立化成(鄭州))は、中国における自動車用内・外装成形品の初の製造・販売拠点として、このたび、日産自動車株式会社の新型「エクストレイル」向けバックドアの生産を開始しました。

日立化成グループは、樹脂成形品、摩擦材、粉末冶金製品に加え、鉛バッテリー等、自動車関連製品に関する幅広い事業展開を行なっています。その中でも中国は、今後自動車市場のさらなる伸長が見込めるため、それぞれの製品を製造していますが、内・外装成形品についてはこれまで中国の生産拠点はありませんでした。そこで、中国の内・外装成形品の需要を取り込み、売上拡大を図るため、2011年5月に日立化成(鄭州)を設立し、工場の建設を進めてきました。

日立化成(鄭州)の稼働により、日立化成グループの自動車関連製品の生産拠点は、日本、中国、台湾地域、タイ、インドネシア、インド、シンガポール、米国、メキシコの9つの国と地域にあります。中国における需要を取り込み、自動車部品事業の一層の強化・拡大をめざします。 

= ご参考 =

<日立化成(鄭州)の概要>

社名 日立化成工業(鄭州)汽車配件有限公司
所在地 中国河南省鄭州市経済技術開発区
代表者 董事長兼総経理 三上 文利
事業内容 自動車用内・外装成形品の製造および販売
資本金 23百万US$
設立 2011年5月
株主 日立化成グループ 100%
従業員数 238名(2014年3月末時点)

日立化成(鄭州)の外観
日立化成(鄭州)の外観

以上