Hitachi Chemical

ニュースリリース

2017年6月16日
日立化成株式会社

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を取得

日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:丸山 寿、以下、日立化成)は、5月30日に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく認定(通称:「えるぼし」認定)を受けました。

「えるぼし」認定制度は、2016年4月1日から施行された女性活躍推進法に基づき、行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍推進に関する取り組み状況が優良な企業が厚生労働大臣より認定を受けるものです。認定は5つの評価項目(①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコース)について、基準を満たした項目数に応じて3段階で評価されます。日立化成は、採用、労働時間等の働き方、管理職比率、多様なキャリアコースという4つの基準を満たし、2段階目の認定を受けました。

日立化成は、ダイバーシティ推進を経営戦略の一つと位置づけています。中でも女性活躍推進を最優先施策とし、「技術系女性新卒採用比率」「45歳未満の女性管理職比率」などの数値目標を設定して、制度、環境、意識の側面からさまざまな施策を実施しています。

日立化成は、今後も日立化成グループ全体で女性の活躍をはじめ、ダイバーシティ推進を図り、多様な人財がその力を最大限に発揮できる組織を確立することで、グローバル市場でのさらなる成長をめざしてまいります。

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定のマーク
女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定のマーク

以上