Hitachi Chemical

ニュースリリース

2018年8月1日
日立化成株式会社

第68回全日本実業団卓球選手権大会で優勝

日立化成卓球部は、2018年7月19日〜22日、鹿児島県鹿児島市の鹿児島アリーナにて開催された第68回全日本実業団卓球選手権大会(以下、本大会)において、優勝しました。

本大会は、日本卓球リーグの所属チームをはじめとする全国の実業団チームが出場し、その頂点を競う、実業団にとって日本最高峰の団体戦のひとつです。

日立化成卓球部は市川選手、牛嶋選手、後藤選手、鈴木選手、趙選手、平選手、森薗選手の全選手で本大会に臨みました。日立化成は、準決勝で平成30年度前期日本卓球リーグの優勝チームである十六銀行を3対2で下し、決勝に進出しました。決勝では本大会の昨年度優勝チームのデンソーに、接戦の末3対2で勝利し、3年ぶり3度目の優勝を果たしました。

日立化成卓球部は今後も練習に励み、平成30年度後期日本卓球リーグでの優勝をめざしてまい進してまいります。皆さまの一層の応援をよろしくお願い申し上げます。

表彰式(写真提供:ニッタクニュース)
表彰式(写真提供:ニッタクニュース)

鈴木選手(写真提供:ニッタクニュース)
鈴木選手(写真提供:ニッタクニュース)

趙選手(写真提供:ニッタクニュース)
趙選手(写真提供:ニッタクニュース)

以上