Hitachi Chemical

ニュースリリース

2018年10月3日
日立化成株式会社

「カラーラップ with バーバパパ」が「2018年度グッドデザイン賞」および
「日本パッケージデザイン大賞2019 銀賞」を受賞

日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:丸山 寿、以下、日立化成)は、食品包装用ラップフィルム「カラーラップ with バーバパパ」が、公益財団法人日本デザイン振興会より「2018年度グッドデザイン賞*1」を、また公益社団法人日本パッケージデザイン協会より「日本パッケージデザイン大賞*22019 銀賞」を受賞したことをお知らせします。

写真1:「カラーラップ with バーバパパ」
写真1:「カラーラップ with バーバパパ」

図1:「グッドデザイン賞」のロゴ
図1:「グッドデザイン賞」のロゴ

図2:「日本パッケージデザイン大賞」のロゴ
図2:「日本パッケージデザイン大賞」のロゴ

今回「グッドデザイン賞」および「日本パッケージデザイン大賞 銀賞」を受賞した「カラーラップ with バーバパパ」は、日立化成が、より楽しいキッチンライフをお客さまに提供することを目的に、2018年4月より販売している色付きのラップフィルムです。さまざまな色のキャラクターが登場する人気絵本「バーバパパ」のキャラクターをパッケージデザインに採り入れ、ピンク、ブルー、イエローの3色を展開しています。お弁当のデコレーションラッピングや、食材を保存する際の賞味期限や食材の用途に応じた色分けなど、従来の透明ラップフィルムにはない、新しい使い方が可能な点が高く評価され、PLAZAなど多くの雑貨店で販売されています。

日立化成は、今後もラップフィルムの提供を通じて、お客さまの明るく楽しいキッチンライフの実現に貢献してまいります。

*1
「グッドデザイン賞」は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加し、これまでの受賞件数は45,000件以上に上ります。今回受賞した「グッドデザイン賞」は、すべての応募対象の中で、デザインが優れていると認められるものに贈られる賞です。
*2
「日本パッケージデザイン大賞」は、パッケージデザインの社会的地位向上をめざし、公益社団法人日本パッケージデザイン協会が1985年から隔年で開催している、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティションです。

「グッドデザイン賞」受賞の評価ポイント(審査委員の公開コメントより)

ラップに色をつけるという、ありそうでなかったアイデア。いつの料理かを色で分ける、アレルギー対応の皿を明確にするなど様々な新しい使い方が生まれる可能性が感じられた。また、子供が喜んで使うシーンも頭に浮かび、料理や家事をするきっかけづくりにも活躍しそう。鮮度が見えづらくなるのではないか、また食べ物が美味しくみえないと感じる人もいるのではないかといった議論もあったが、新しいシーンを生み出す可能性が評価された。

「カラーラップ with バーバパパ」公式インスタグラム

@color_wrap (https://www.instagram.com/color_wrap/

写真2:公式インスタグラム投稿写真
写真2:公式インスタグラム投稿写真

「カラーラップ with バーバパパ」公式ウェブサイト

URL:https://www.hitachi-chem.co.jp/barbapapa

製品概要

caption
製品名 「カラーラップ with バーバパパ」
品 名 食品包装用ラップフィルム
仕 様 22cm x 50m

販売地域 全国
メーカー希望小売価格(税抜) 450円

©2018 Alice Taylor & Thomas Taylor ALL RIGHTS RESERVED

以上