以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

IRポリシー

1.基本方針

当社は、株主の皆さまの理解と適切な評価を得ることをめざし、経営戦略及び財務状況等に関する情報を適時、適切に開示する。また、持続的な成長と企業価値の向上に資するため、株主の皆さまと建設的な対話を行う。

2.情報開示基準

当社は、法令および東京証券取引所が定める適時開示規則に則り、適時、適切に情報を開示する。また、法令及び東京証券取引所が定める適時開示規則に該当しない情報についても、当社の経営方針や事業内容に対する株主の皆さまの理解を深めるため、投資判断に重要な影響を与えると当社が判断した財政状態・経営成績等の財務情報や、経営戦略・経営課題、リスクやガバナンスに係る情報等の非財務情報についても、適宜、適切な方法を用いて開示する。

3.情報開示の方法

  1. (1)適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において公開するとともに、当社ウェブサイトへ速やかに掲載する。
  2. (2)機関投資家に対しては、事業、中期経営計画、決算等に関する説明会を実施する。個人投資家に対しては、株主総会、当社ウェブサイトを通じて、わかりやすい情報発信に努める。
  3. (3)株主との面談の対応は、IR担当部門を窓口として行う。また、面談を行う株主の所有株式数等に応じて、社長又は執行役が面談に対応する。
  4. (4)株主の皆さまの当社に対する理解と適切な評価を得るため、情報開示に際しては、平易かつ具体的な説明、記載を行うよう努める。
  5. (5)IR活動で得られた指摘、助言等は、経営陣に適時報告し、経営に反映することにより、企業価値の向上に生かす。

4.沈黙期間

当社は、当社業績に関する情報が決算発表準備期間中に漏えいすることを防ぎ、開示の公平性を確保するため、四半期ごとの決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算に関する質問への回答およびコメントを差し控えることとする。

5.将来予想について

当社が開示する情報のうち、今後の計画、見通し等の将来予想に関する情報は、開示時点で合理的であると判断する一定の前提に基づき作成しており、リスクや不確実性を含んでいる。当社は、これらの情報を開示する場合には、将来予想に影響を与えると想定される要因を開示することとする。

  • ページトップへ