開発ストーリー

ホーム開発ストーリー高精度の自動測定で最大8,640セルの蓄電池を見守るシステムの底力とは?

高精度の自動測定で最大8,640セルの蓄電池を見守るシステムの底力とは?

蓄電池監視システム

開発のきっかけ

データセンタ等の重要な社会インフラでは、災害等による停電時に備えて、無停電電源装置(UPS)が設置されている。これらの電源装置が正常に機能するためには、同装置に搭載された鉛蓄電池についても「いざという時にきちんと機能する」健全な状態を保つ必要がある。現状は人手による定期点検を実施しているが、次回点検までの期間に蓄電池の状態が急激に劣化した場合、早期に検出することができない。また昨今、その点検員の人員数も減少傾向にあり、点検作業の省人化も求められるようになっている。そこで、人の手に頼らず蓄電池の個々の健全性を正確に把握できる、監視作業の自動化ニーズが高まっていた。そのような背景から、当社では、バックアップ用途の産業用鉛蓄電池を提供してきたメーカとしてその価値を高め、性能を保証するために「蓄電池監視システム」の開発をスタートさせることとなった。

技術の壁

「蓄電池監視システム」の開発にあたって、当社は先行していた他社モデルと同程度の機能を持つ第一世代モデル(以下、Gen.1.0)を完成させた。この監視システムでは、センサによって電圧や内部インピーダンスなどを自動測定し、測定データに基づいて多数の蓄電池の状態を一元管理するという構成だ。各蓄電池の異常・劣化などの状態変化を常時監視して早期に検出・通知することができるというコンセプトで販売を開始した。

Gen.1.0の上市によって基本的な蓄電池の自動測定が可能となった一方、さらにお客さまが使いやすいシステムとして構築するには、改善すべき種々の課題が見つかった。
一つ目は、無線通信方式の問題だ。Gen.1.0では、汎用品の無線通信モジュールおよびチップアンテナを採用していた。しかし、設置場所ごとに異なる電波の反射・散乱の影響から、現場でのアンテナ角度の微調整作業の負荷が大きかった。
二つ目は、異常検知を蓄電池のセル単位で実現することだ。Gen.1.0は、1台の無線子機で複数セルをグループとして測定する仕組みを採用していた。このため異常は自動で検知されるが、グループのうち、異常なセルを特定するために、点検員が設置場所に赴いて現物を確認する必要があった。

開発チームでは、Gen.1.0から洗い出された課題を解決した「第二世代モデル(以下、Gen.2.0)」の開発に着手することを決めた。

12