ソリューション

ホームソリューション油吸着シート「油トルンディ」

工作機械からしみ出る油を吸着し、再利用も可能に!
絞って繰り返し使える油吸着シート

油トルンディ

対象業種

金属切削加工メーカー/プラスチック加工メーカー/塗装メーカーなど

用途想定

金属切削機械・旋盤(クーラント内)・廃液タンク・射出成型機周りなど

金属部品の加工では、潤滑油・切削油・防錆油など、さまざまな油が使用されています。その作業現場では、工作機械の部品の隙間から油が漏れ、機械やその周辺を汚損するなど、作業環境を悪化することも少なくありません。
当社が開発した油吸着シート「油トルンディ」は、優れた油吸着性能を発揮し、機械から漏れた油を素早く吸着します。また、油を吸着したシートは、絞って油を分離し、繰り返し使用することが出来ます。「油トルンディ」はクリーンでエコな製造環境を実現いたします。

課題解決

優れた油吸着力で、回収作業効率を向上

油トルンディは、自重の20倍の油を吸着する性能を持ちます。機械油が漏出する部分にシートを設置することで、油をしっかり吸い取り、機械周辺の油汚れを防止することができます。吸着材は柔らかなポリエチレン発泡体を使用し、畳んだり、丸めて使用することができます。このため、機械部品の隙間、機械と床の隙間,機械と壁の隙間など狭い場所での油の回収に適します。

絞って油を分離し、廃棄物量削減

油を吸った「油トルンディ」は、絞って油を分離した後、再度使用することができます。吸着と分離は20回程度繰り返しても、その性能を維持します。
絞り出した油は再資源化することができ、油処理のコスト削減や廃棄物量の削減に貢献します。

  • A重油に吸着材を投入すると、みるみるうちにA重油を吸着していきます。
  • 吸着材にA重油が染み込んだところで軽く絞ります。
  • 再びA重油に吸着材を投入し、A重油を染み込ませて絞る動作を繰り返します。
  • 20回絞った後の状態がこちら。不織布に皺が出来ていますが、まだ使用可能です。

特長

優れた油吸着と溶剤吸着

油は自重の20倍吸着し、水は吸収しにくいシート材です。また各種溶剤を吸着することも可能です。

<吸着性能試験結果>

試験方法

自社法による

試験寸法

タテ100mm×ヨコ100mm

使用油種

ガソリン、軽油、A重油、エンジンオイル、シリコンオイル、植物油

使用溶剤

アセトン、酢酸エチル、トルエン、メタノール、THF(テトラヒドロフラン)

吸着材重量

4g

吸着時間

5分

A.重油の吸着量(他社製品と自社製品比較)
B.油種による吸着量

※揮発性が高いため、参考値

C. 油種による吸着剤吸着量(単独の溶剤を吸着した場合)

油吸着シート「油トルンディ」の開発ストーリー