ソリューション

ホームソリューション蓄電池監視システム

最大8,640セルの蓄電池を常時監視
データセンタの可用性を支える秘策とは?

蓄電池監視システム

対象業種

通信/製造/建設

用途想定

データセンタ向け無停電電源装置(UPS)装置

IoT・ビックデータを活用したサービスやビジネスを支えるデータセンタ。このような社会インフラでは、有事の際でも安定的な電源供給を維持し、可用性*を確保するために、多くの無停電電源装置(UPS)を導入しています。そのUPSに搭載されている鉛蓄電池は、一般的には年1回の定期点検時に、専門の資格を持った点検員によって状態確認が行われています。しかし、定期点検時に発生していない状態変化は検出できず、結果蓄電池異常や劣化の早期検出ができないことが課題でした。
当社の蓄電池監視システムは、蓄電池を常時監視し、その異常や劣化を早期検出することで、UPSの信頼性を維持し、データセンタの可用性向上に貢献します。

  • *可用性:システムを障害(機器やパーツの故障・災害・アクシデントなど)で停止させることなく稼働し続けること

課題解決

UPS搭載蓄電池の状態監視をセル単位で一元管理

災害などによる停電時であっても、データセンタなどの社会インフラが無瞬断で稼働を続けるためには、UPSに搭載される蓄電池を正常な状態に保ち続ける必要があります。そのために、定期点検が行われていますが、点検後に発生した異常は、次の定期点検まで検出する術がありませんでした。
当社の蓄電池監視システムは、UPSに搭載されている蓄電池の異常や劣化を早期に検出し、交換の要否をお知らせします。またセル単位で多数の蓄電池の状態監視を一元管理できるので、設置場所が多拠点にわたる場合でも、蓄電池の状態監視を効率化します。さらに、定期点検のスケジュール調整や点検員の入館手続きなど、点検・保守にかかわる煩雑な周辺業務の負荷も軽減します。

特長

2V電池なら4セルを無線子機1台で監視し、効率的な構成を実現

当社の蓄電池監視システムは、蓄電池の状態を測定する「無線子機」、無線子機から測定情報を中継する「無線親機」、また複数の無線親機を統括する「統括親機」の3つの機器で構成されます。
無線子機1台は、2V電池であれば、4セルの蓄電池の状態を測定することができます。そして、無線親機は無線子機270台と通信し、統括親機は無線親機8台と通信することが可能なため、システム全体では最大8,640*1セルを監視することができます。これはUPS8台分*2の蓄電池搭載数に相当するため、UPSの設置数が多いデータセンタにおいて、特に効果を発揮します。
統括親機に集積した測定データは、お客さまがご利用の監視システムや、上位コントローラ(オプション)に収集され、蓄電池状態の可視化を行います。

  • *12V電池用子機(測定器)HCBM01-02の場合:統括親機最大収容数[無線親機]8台×[無線子機(測定器)] 270台×[蓄電池]4セル
    蓄電池の電圧により、蓄電池の監視数は異なります。詳細はお問い合わせください。
  • *21UPSあたり無線親機1台設置の場合
  • 2V電池用子機(測定器)の他に、6V/12V電池用の無線子機(測定器) :HCBM01-12のラインナップもご用意。詳細はお問合せください。
蓄電池監視システム 構成イメージ

蓄電池の状態を診断、保守の要否を通知

当社の蓄電池監視システムは、蓄電池の電圧・内部インピーダンス・近傍温度を自動測定することができます。また、内部インピーダンスの測定は、ハードウエアとソフトウエアの両軸で当社独自のリプル電流対策を実装し、検知の精度を向上しました。
これらの測定結果を元に、蓄電池の保守の要否を通知し、データセンタの可用性向上に貢献します。

ワイヤレスなシステム構成で断線リスクを低減

無線子機と測定データを集約する無線親機間のデータ通信には、無線通信2.4GHz(IEEE802.15.4)を採用しました。配線構成を簡素化することで断線リスクを低減します。新規導入時や、搭載電池の定期交換時の作業が容易です。

蓄電池監視システムの開発ストーリー