以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

化学素材 エポキシ樹脂硬化剤

エポキシ樹脂硬化剤のイメージ図

脂環式酸無水物系の硬化剤です。アミン系硬化剤に比べ毒性が低く、ポットライフが長く、発熱が少ないので、注型、含浸、積層等の広い分野に使用できます。

特長

  • 液状硬化剤で、エポキシ樹脂との混合が容易です。
  • アミン系硬化剤に比べ、毒性が低い硬化剤です。
  • 混合物のポットライフが長く、安定です。
  • HN-5500は、無色透明で耐候性に優れた硬化物が得られます。
  • MHAC-Pは、耐熱性に優れた硬化物が得られます。

各硬化剤の一般特性

  HN-2200 HN-2000 HN-5500 MHAC-P
化学名 3or4-メチル-1,2,3,6-テトラヒドロ無水フタル酸 3or4-メチル-1,2,3,6-テトラヒドロ無水フタル酸 3or4-メチル-ヘキサヒドロ無水フタル酸 メチル-3,6 エンドメチレン-1,2,3,6-テトラヒドロ無水フタル酸
分子式 C9H10O3 C9H10O3 C9H12O3 C10H10O3
構造式 構造式 構造式 構造式 構造式
分子量 166 166 168 178
外観 無色透明液状 無色透明液状 無色透明液状 淡色透明液状
色数 (ガードナー) <1 <1 <1 <2
粘度
(mPa・s,25℃)
50〜80 30〜50 50〜80 150〜300
CAS No. 11070-44-3 11070-44-3 25550-51-0 25134-21-8

用途例


発電機コイル


フライバックトランス


コンデンサ


発光ダイオード

  • ページトップへ