以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

塗料用樹脂・コーティング アミノ樹脂「メラン」

アミノ樹脂のイメージ図

メラン2650Lは、メラン265の未反応ホルムアルデヒド含有量を1.0%以下にしたイソブチルアルコール変性メラミン樹脂で、焼き付け塗料用硬化剤として使用の際、塗装及び焼き付け時に発生するホルムアルデヒド臭気を軽減することができます。
(メラン2650Lには、ホルマリンキャッチャー等は使用していません。)

特長

  • 塗装作業および焼き付け時に発生するホルムアルデヒアルデヒドの臭気が軽減できます。
  • 本製品は従来のメラン265とほぼ同等の性能があります。

樹脂特性例

項目 メラン265 メラン2650L 備考
加熱残分(%) 60.1 60.4 108℃×3h測定
粘度 T〜U T〜U ガ-ドナ/25℃測定
ターペントレランス 10.7 13.9 滴定数(cc)/試料(g)
酸価 1以下 1以下
遊離ホルムアルデヒド(%) 1.3 0.8 亜硫酸ソーダ法
溶剤組成 10/30 10/30 キシレン/イソブチルアルコール

分子量測定結果比較例

項目 メラン265 メラン2650L
数平均分子量(Mn) 1690 1710
重量平均分子量(Mw) 5130 6260
分散度(Mw/Mn) 3.0 3.7

分子量測定結果比較例

用途

  • 一般金属塗装焼き付け用(汎用焼き付け塗料用硬化剤)

試験板作成条件例

  • 塗料配合例
    • フタルキッド213-6075(固形分比)
    • チタン白(R―930)82
    • メラミン樹脂25
    • PWC45%
    • フォードカップ#4を用い塗装粘度をシンナ(ソルベッソ100/イソブチアルコール/キシレン=70/20/10)にて、25秒/25℃に調整。
  • 試験板作成条件
    • ボンデライト#144処理鋼板(0.5t)
  • 焼付け条件
    • 100℃、110℃各×20分
項目 樹脂名 メラン265 メラン2650L
焼付温度 100℃ 110℃ 100℃ 110℃
初期物性 光沢値 93.7 93.7 91.2 93.7
ゴバン目 100/100 100/100 100/100 100/100
エンピツ硬さ F F F H-
エリクセン値(mm) 6 < 6 < 6 < 6 <
衝撃値(cm) 50 < 50 < 50 < 50 <
耐水性 外観 OK OK OK OK
ゴバン目 100/100 100/100 100/100 100/100
耐食性(72h.mm) 4〜5 2〜3 4〜5 2〜3
  • ページトップへ