以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

エンジン・モーター関連高強度樹脂ギヤ

高強度樹脂ギヤのイメージ画像

高強度樹脂ギヤは、アラミド系強化繊維を基材とし、高強度・高耐熱ポリアミノアミド樹脂を注入硬化させた 「コウベライト(R)KM-9000」を歯切り加工したものです。従来のプラスチック製ギヤでは使用できなかった過酷な負荷・環境条件下での使用が可能です。主な用途として、エンジン内のバランスシャフトギヤ、 カムシャフトギヤ等に使用できます。

特長

  • 金属製ギヤ同士の噛合い音、歯打ち音は一方を本樹脂ギヤに置換えることにより低減できます。
    また樹脂ギヤに置換えることにより軽量化が図れます。
  • 製造ラインでのギヤ組付け工数は、一方を樹脂ギヤに置換えることで鉄ギヤのような厳しいバックラッシュ管理をする必要がなくなり(バックラッシュ許容幅が拡大)、大幅に低減できます。
    樹脂ギヤ基材としては、高強度有機繊維のアラミドを使用しており、ガラス繊維やカーボン繊維のように相手金属ギヤ歯面への攻撃性が少なくなります。
  • 金属ギヤを樹脂ギヤに置き換えることにより、金属製ギヤ同士の噛合いでは耐久性上どうしても必要であった金属ギヤの熱処理が不要となり、工数・コスト低減が計れます。

高強度樹脂ギア用材料

熱硬化性樹脂成形材料「コウベライトKM-9000」
当社独自の製造技術によって開発した熱硬化性樹脂成形材料です。

特長

  • 耐熱性に優れる。ガラス転移温度:230℃。従来比1.4倍
  • 高温での強度に優れる。熱間強度で従来比1.5倍
  • 高温繰り返し疲労強度に優れる。従来比2.5倍
  • 高温での歯車寿命(摩耗耐久性)に優れる。従来比10倍

特性および性能

  • ページトップへ