以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

転写形透明導電フィルム MKシリーズ

転写形透明導電フィルムのイメージ画像

MKシリーズは様々な基板にパターニングが可能な、タッチパネル用の転写形透明導電フィルムです。
導電性と高透明性の両立に加え、お客さまの加工プロセスを短縮し、生産効率の向上に貢献します。

地域毎の登録済特許(2013年9月時点):

  • 日本 第4811533号
  • 台湾 I393153、I405221
  • 米国 USP8171628、USP8426741
  • 韓国 第10-1255433号
  • 欧州 EP2320433

特長

  • 露光とアルカリ現像により導電性ファインパターンを形成できます。
  • フレキシブル性に優れているため、PETフィルム、ガラス、ポリカーボネートフィルムなど各種基板に転写可能です。
  • 蒸着やスパッタリング等の真空プロセスが不要なため、お客さまの加工プロセスを短縮し、生産効率の向上に貢献します。
  • ITO並みの導電性と透明性の両立を実現します。また、パターン性に優れるため電極のインビジブル化にも対応可能です。

適用例

スマートフォン、タブレットPC等のタッチパネル向け透明導電材料

特性

透明性:表面抵抗値の調整が可能で、導電性と高透明性を両立します。

透過率

解像性 : 透明度の高いファインパターンが形成できます。


MKシリーズを転写し、パターニングしたポリカーボネート基板
(※パターンが見えるよう画像のコントラストを強調しています)


レジスト形状(L/S=50/15μm)


レジスト形状(S=25μm)

〈特性例〉
項目 測定値
透明導電層厚み 5.0μm
表面抵抗値 100Ω /□
ヘイズ 0.8% (ポリカーボネート基板), 1.5% (PET基板)
全光透過率 91% (ポリカーボネート基板), 89% (PET基板)
  • ページトップへ