以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

粉末冶金の工法紹介

温間成形

温めた金型の中に、予熱された原料粉末を充填し成形する新しい技術です。一般の冷間成形と同じ工程で2回成形−2回焼結と同等の機械特性が得られるため経済的です。

転造

スプロケットやギヤの歯面に高い面圧が発生する場合、要求特性に応じて歯面を転造し高密度化させます。部分的な高密度化なので焼結鍛造より経済的です。

焼結鍛造

粉末冶金の利点でもある材料歩留りに加えて熱間鍛造の技術を応用した製法は、高靭性等溶製材と同等以上の機械特性を持っています。

多段成形

厚み方向の段差が多い形状の成形は、原料粉を金型に充填後、本加圧を行う前に粉末を移動させることにより、各部分の密度を均一にすることができます。長年蓄積した段階成形技術をもとに複雑形状をできるだけネットシェイプに生産しています。

固相拡散接合

そのままでは成形不可能な形状はいくつかの部品に分けて成形し、組み合わせて焼結することによって接合され一体化します。ロウ付け、溶接などは不要であり経済的です。また機能の異なる材料同士の結合も可能です。

複合技術

拡散接合に温間成形や多段成形等複数の特殊工法を組み合わせることにより異種の材料、組成、密度などの部品構成が可能です。またシャフト等溶製材との一体化も可能です。

  • ページトップへ