以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

導電フィルム CFシリーズ

導電フィルムのイメージ画像

太陽電池セル上の電極と集電用タブ線とを接続する、はんだ代替の導電フィルムです。低温接続によってセルの反りや割れを抑制しモジュールの生産性向上に寄与するほか、セル上のバスバー電極(銀ペースト)を削減する技術の適用も可能にします。

製品構成

接続プロセス

特長

  • 低温接続(無鉛はんだ:260℃ 、有鉛はんだ:230℃に対し、CFでは180℃以下が可能)によって、接続プロセスにおける、熱膨張ストレスに起因するセルの反りや割れを抑制します。
  • 鉛フリーです。
  • Siに対しても優れた接着力を示し、理論的に、接続のためにセル上のバスバーを必要としません*。バスバー電極用銀ペーストの使用量を大幅に削減できます。
*
バスバーレス技術は新しい技術であるため、適用時には調整等が必要になる場合があります。

接着力データ

単位 Ag Si SiNx
N/TAB* 2 2 2

分析条件: 90° ピール、50mm/秒

*
1.5mmタブ線

特性

項目 単位 標準タイプ:CF-S1
サイズ 厚み μm 25
mm 1.0、1.2、1.5
長さ m 300、500
標準
圧着
条件
転写 温度 70±10*1
時間 2≦
圧力 MPa 1 *2
接続(本圧着) 温度 180 190
時間 10 5
圧力 MPa 2 *3
*1
: CF到達温度
*2
: CF仮圧着面の面積当たり圧力
*3
: 接続領域の面積当たり圧力
  • ページトップへ