以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

ビルドアップ配線板

ビルドアップ配線板のイメージ画像

配線板製造技術の全てが集約される製品がビルドアップ多層配線板です。回路形成、積層プレス、レーザー加工、銅めっき等の基本技術に、当社の独自技術を付加した製品です。エッチング工法により形成した内層回路をコア基材とし、絶縁層と回路用銅箔を積層プレスした後にレーザー加工されたブラインドビアホール(IVH)に銅めっきを施し再度回路形成を行います。この工程を繰り返すことにより何層ものブラインドビアホールを有する接続層を形成することが出来ます。

特長

  • 特に当社では、レーザー加工機に独自の制御手法を取り入れ高効率での加工を可能とし低コストを実現しました。フィルド銅めっき技術によりブラインドビアホールのスタック構造が可能です。

特性(測定値の一例)

フィルド銅めっき部フィルド銅めっき部

構造例構造例

  • ページトップへ