以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

リチウムイオンキャパシタ SLC-B152A、SLC-B110A

リチウムイオンキャパシタ (SLC-B152A、SLC-B110A)のイメージ画像

リチウムイオンを吸蔵可能な炭素材料を負極材として使い、リチウムイオンをプレドーピングすることでエネルギー密度を向上させたキャパシタです。

特長

  • HEV用リチウムイオン電池をベースとした高信頼性リチウムイオンキャパシタ
  • 大電流充放電 :短時間では500A放電が可能
  • 長寿命サイクル : 1,000,000サイクル以上(DOD100%、25℃)
  • 高剛性構造:円筒型電池缶と捲回式電極の採用による耐振動性・耐衝撃性に優れた構造
  • 電気二重層キャパシタ(EDLC)と比べて高エネルギー密度
  • 広い使用温度範囲
  • 高い安全性

用途

  • エネルギー回生:自動車、建設機械、産業機器
  • 電力安定化:瞬低補償装置、風力発電・太陽光発電
  • 主電源・補助電源:産業機械、バス・電車

仕様

システムはお客様の用途によってカスタマイズします。

  • システム構成例;
    1. 1)SLCB152AMD3201 SLC-B152Aの32直列パック
      大型キュービクル組込み用パック
      電圧範囲:121.6V〜70.4V エネルギー:86.4Wh
      監視装置(パックに内蔵した制御ボードでセルの状態を監視)
      • セル電圧(過充電、過放電)およびセル温度(蓄電池温度異常)を検知して上位監視装置へ出力
      • セルバランス均等化
    2. 2)SLCB152AMD1601 SLC-B152Aの16直列パック
      産業機器用パック
      電圧範囲:60.8V〜35.2V
      エネルギー:43.2Wh
      監視装置(パックに内蔵した制御ボードでセルの状態を監視)


システム構成例

  • ページトップへ