Hitachi Chemical

ニュースリリース

2020年1月27日
日立化成株式会社

会社分割による樹脂材料関連3事業の連結子会社への事業承継に関するお知らせ

日立化成株式会社(以下、日立化成)は、フォーム*1事業、フェノール樹脂成形材料*2事業、複合材料*3事業について、日立化成の子会社である日立化成テクノサービス株式会社(以下、日立化成テクノサービス)と分業体制で事業を運営してまいりましたが、日立化成にて遂行してきた事業企画、営業等の機能を、会社分割により日立化成テクノサービスに承継することを本日決定しましたので、下記の通りお知らせします。 なお、本会社分割は日立化成の完全子会社との間で行う簡易吸収分割であるため、開示事項・内容を一部省略して開示しております。

*1
建設資材、自動車部品等向けに使用される、断熱性・緩衝性を持った発泡ポリエチレン。
*2
自動車部品、電装部品、電気部品、摺動部品等向けに使用される、高靭性、耐熱性、耐湿性等の機能を持った成形用熱硬化型樹脂。
*3
超高電圧機器の絶縁に使用される、真空含浸加圧成形技術で製造したボイドレス(内部に空洞を持たない)繊維強化プラスチック。

1. 会社分割の目的

日立化成グループの樹脂材料事業において、フォーム、フェノール樹脂成形材料、複合材料の3事業については、日立化成が、事業企画と営業等の機能を、日立化成テクノサービスが、開発と製造等を担い、両社で分業体制を取ってまいりました。しかし、機能別に運営会社が分かれていることにより、迅速な情報共有と意思決定という点で課題がありました。 そこで、これら3事業の事業企画、営業等の機能を日立化成テクノサービスへ移管し、集約することで、こうした課題の解消を図ります。今回の組織再編を通じ、事業運営の効率を高め、お客さまのご要望を反映したより良い製品・サービスの提供につなげてまいります。

2. 会社分割の要旨

  1. (1)会社分割の日程
    会社分割決定日 2020年1月27日
    契約締結日 2020年1月27日
    実施予定日(効力発生日) 2020年4月1日(予定)
    本会社分割は、日立化成においては会社法第784 条第2項に定める簡易吸収分割に該当するため、日立化成は株主総会の承認を得ずに行います。
  2. (2)会社分割の方式
    日立化成を分割会社、日立化成テクノサービスを承継会社とする吸収分割です。
  3. (3)会社分割に係る割り当ての内容
    本会社分割は、日立化成と日立化成の完全子会社との間で行われるため、本会社分割に際して株式の割当ては行われません。
  4. (4)会社分割に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い
    該当事項はありません。
  5. (5)会社分割により増減する資本金
    本会社分割による日立化成の資本金の増減はありません。
  6. (6)承継会社が承継する権利義務
    本会社分割に関する資産、負債および契約上の地位等の権利義務のうち、会社分割契約において定めるものを承継します。
  7. (7)債務履行の見込み
    本会社分割において、日立化成が負担すべき債務の履行の見込みに問題はないと判断しております。

3. 会社分割当事会社の概要

  分割会社 承継会社
(1) 名称 日立化成株式会社 日立化成テクノサービス株式会社
(2) 所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 茨城県日立市東町四丁目13番1号
(3) 代表者の役職・氏名 執行役社長 兼 CEO 丸山 寿 取締役社長 佐藤 信人
(4) 事業内容 機能材料および先端部品・システムの製造・加工および販売 合成、分析、安全データシート作成等の業務受託及びFRP、コーテッドサンド、分離材の製造、販売
(5) 資本金 154億54百万円 140百万円
(6) 設立年月日 1962年10月10日 1982年9月10日
(7) 発行済株式数 208,364,913株 150,000株
(8) 決算期 3月31日 3月31日
(9) 大株主及び持株比率 株式会社日立製作所 51.2% 日立化成株式会社100.0%
(10) 直前事業年度の経営成績及び財政状態
決算期 日立化成株式会社(連結) 日立化成テクノサービス株式会社
2019年3月期 2019年3月期
純資産(親会社の所有に帰属する持分) 420,095百万円 7,014百万円
総資産 708,659百万円 9,910百万円
1株当たり純資産(円)(1株当たり親会社所有者帰属持分) 2,017円 46,761円
売上収益 681,025百万円 16,349百万円
営業利益 36,353百万円 852百万円
税引前当期利益 40,500百万円 927百万円
親会社の所有者に帰属する当期利益 28,723百万円 673百万円
親会社の所有者に帰属する1株当たり当期利益(円) 137円 4,488円

4. 分割する事業部門の概要

  1. (1)分割する部門の事業内容
    フォーム事業、フェノール樹脂成形材料事業、複合材料事業の事業企画、営業等
  2. (2)分割する部門の経営成績(2019年3月期)
    売上収益 5,386百万円
  3. (3)分割する資産、負債の項目及び帳簿価格(2019年3月期)
    資産 負債
    項目 帳簿価格 項目 帳簿価格
    流動資産 - 流動負債 -
    固定資産 16百万円 固定負債 -
    資産合計 16百万円 負債合計 -
  4. 資産、負債の価格は、2019年3月期の金額です。実際に分割する資産、負債の金額は、本会社分割の効力発生日までの増減を調整したうえで確定します。

5. 会社分割後の状況

本会社分割による、日立化成および日立化成テクノサービスの商号、所在地、代表者、事業内容(本会社分割の対象となる事業を除く)、資本金、決算期についての変更はありません。

6. 今後の見通し

本件が2020年3月期連結業績に与える影響は軽微です。

以上