Hitachi Chemical

ニュースリリース

2020年1月28日
日立化成株式会社

会社分割および株式譲渡による
コンデンサ事業(小型フィルムコンデンサ事業を除く)等の譲渡に関するお知らせ

日立化成株式会社(以下、日立化成)は、日立化成および日立化成の子会社である日立エーアイシー株式会社(以下、HAIC)のコンデンサ事業(小型フィルムコンデンサ事業を除く)および蒸着フィルム事業(以下、対象事業)を、南通江海电容器股份有限公司(以下、Jianghai)に譲渡することを、本日開催の取締役会において決議しましたので、下記の通りお知らせします。 日立化成およびHAICは、2020年4月1日付で、対象事業を、HAICが新たに設立する承継準備会社(以下、新会社)にそれぞれ会社分割により承継させ(以下、個別に又は総称して本会社分割)、同日付で新会社の株式の全てをJianghaiに譲渡(以下、本株式譲渡)する予定です。

なお、本会社分割は、日立化成の完全子会社と共同で行う簡易吸収分割であるため、開示事項・内容を一部省略して開示しております。

1. 会社分割および株式譲渡の目的

コンデンサは、電子回路において充放電を行う電子部品であり、家電製品から産業機器まで、幅広い製品に使用されています。日立化成が製造・販売するコンデンサは、高電圧、大容量、高耐久性に優れ、産業機器用途を中心にお客さまから高い評価をいただいています。その一方で、こうした産業機器用途向けコンデンサについてのコモディティ化進展や中国企業をはじめとする競合の増加など、収益の確保が難しい状況になっています。 日立化成は、対象事業の強化と持続的成長の観点から、アルミ化成箔およびアルミ電解コンデンサを中国において主に製造するHAICのグループ会社に共同で出資しているJianghaiに対象事業を譲渡することに決定いたしました。Jianghaiはコンデンサの専業メーカーで、近年、事業拡大を積極的に進めており、Jianghaiの下で対象事業を運営することが事業価値を高め、またJianghaiの幅広い販売網によりさらなる事業拡大が期待されます。 日立化成は、事業ポートフォリオの変革を進め、高収益基盤の確立に向けた施策を実行し、経営体質の強化を図ってまいります。

2. 会社分割の要旨

  1. (1)会社分割および株式譲渡の日程
    取締役会決議日 2020年1月28日
    株式譲渡契約締結日 2020年2月3日(予定)
    会社分割契約締結日 2020年2月3日(予定)
    実施予定日(効力発生日) 2020年4月1日(予定)
    本会社分割は、日立化成においては会社法第784条第2項に定める簡易吸収分割に該当するため、株主総会の承認を得ずに行います。
  2. (2)会社分割の方式
    日立化成およびHAICを分割会社、新会社を承継会社とする吸収分割です。
  3. (3)会社分割に係る割当ての内容
    新会社は、本会社分割に際し、普通株式60株を日立化成に発行する予定です。なお、日立化成による本会社分割の直前に効力が発生するHAICによる本会社分割時点では、新会社はHAICの完全子会社であるため、本会社分割による新会社からHAICへの株式の交付はありません。
  4. (4)会社分割に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い
    該当事項はありません。
  5. (5)会社分割により増減する資本金
    本会社分割による日立化成の資本金の増減はありません。
  6. (6)承継会社が承継する権利義務
    対象事業に関する資産、負債および契約上の地位等の権利義務のうち、会社分割契約において定めるものを承継します。
  7. (7)債務履行の見込み
    本会社分割において、日立化成が負担すべき債務の履行の見込みに問題はないと判断しております。

3. 会社分割の当事会社の概要

  分割会社 分割会社
(1) 名称 日立化成株式会社 日立エーアイシー株式会社
(2) 所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 栃木県真岡市久下田1065番地
(3) 代表者の役職・氏名 執行役社長 兼 CEO 丸山 寿 取締役社長 宮原 憲治
(4) 事業内容 機能材料および先端部品・システムの製造・加工および販売 コンデンサ、蒸着フィルムの製造および販売
(5) 資本金 154億54百万円 490百万円
(6) 設立年月日 1962年10月10日 1967年11月1日
(7) 発行済株式数 208,364,913株 245,000株
(8) 決算期 3月31日 3月31日
(9) 大株主および持株比率 株式会社日立製作所 51.2% 日立化成株式会社 100.0%
(10) 直前事業年度の経営成績および財政状態
決算期 日立化成株式会社(連結) 日立エーアイシー株式会社
2019年3月期 2019年3月期
純資産 (親会社の所有に帰属する持分) 420,095百万円 1,910百万円
総資産(資産合計) 708,659百万円 6,249百万円
1株当たり純資産(円)(1株当たり親会社所有者帰属持分) 2,017.54円 7,797.17円
売上収益 681,025百万円 9,220百万円
営業利益 36,353百万円 △481百万円
税引前当期利益 40,500百万円 △578百万円
親会社の所有者に帰属する当期利益 28,723百万円 △769百万円
親会社の所有者に帰属する1株当たり当期利益(円) 137.94円 △3,142.76円
日立化成の発行済株式数は2019年3月31日現在の発行株式数であります。

  承継会社(予定:会社分割前)
(1) 名称 エーアイシーSPC株式会社
(2) 所在地 栃木県真岡市久下田1065番地
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 宮原 憲治
(4) 事業内容 コンデンサ、蒸着フィルムの製造および販売
(5) 資本金 40円
(6) 設立年月日 2020年2月
(7) 発行済株式数 40株
(8) 決算期 3月
(9) 大株主および持株比率 日立エーアイシー株式会社100.0%
(10) 日立化成と当該会社との関係 資本関係 HAICが発行済株式総数の100%の株式を所有しております。
人的関係 未定
取引関係 未定

4. 分割する事業部門の概要

  1. (1)分割する事業内容
    日立化成およびHAICが有する、コンデンサ事業(小型フィルムコンデンサ事業を除く)および蒸着フィルム事業に係る資産負債・従業員・契約・知的財産等(カルテル関連負債は除く)
  2. (2)分割する部門の経営成績
    売上高   8,841百万円(2019年3月期実績)
  3. (3)分割する資産、負債の項目および帳簿価格(2019年3月期)
    資産 負債
    項目 帳簿価格 項目 帳簿価格
    流動資産 3,360百万円 流動負債 1,577百万円
    固定資産 2,374百万円 固定負債 445百万円
    資産合計 5,734百万円 負債合計 2,022百万円

5. 会社分割後の状況

日立化成およびHAICの名称、所在地、代表者、事業内容(対象事業を除く)、資本金、決算期についての変更はありません。 承継会社については、以下に記載のとおりです。

承継会社(予定:会社分割後)
(1) 名称 エーアイシーSPC株式会社
(2) 所在地 栃木県真岡市久下田1065番地
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 宮原 憲治
(4) 事業内容 コンデンサ、蒸着フィルムの製造および販売
(5) 資本金 3億100万円
(6) 設立年月日 2020年2月
(7) 発行済株式数 100株
(8) 決算期 3月
(9) 大株主および持株比率 日立化成株式会社 60.0%、日立エーアイシー株式会社 40.0%
(10) 日立化成と当該会社との関係 資本関係 日立化成が発行済株式総数の60%、HAICが40%の株式を所有しております。
人的関係 未定
取引関係 未定

6. 株式譲渡について

  1. (1)異動する子会社(新会社)の概要
    「5.会社分割後の状況」に記載のとおりです。
  2. (2)株式譲渡の相手先の概要
    (1) 名称 南通江海电容器股份有限公司 (Jianghai)
    (2) 所在地 No. 79 South Tongyang Road, Pingchao Town, Nantong, Jiangsu, China
    (3) 代表者の役職・氏名 Chairman of Board  Chen Weidong
    董事長 陳衛東
    (4) 事業内容 コンデンサ製造販売(アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ等)
    (5) 資本金 8.15億元
    (6) 設立年月日 1958年
    (7) 決算期 12月
    (8) 日立化成と当該会社との関係 資本関係 日立化成と当該会社との間には、記載すべき資本関係はございません。
    人的関係 日立化成と当該会社との間には、記載すべき人的関係はございません。
    取引関係 日立化成と当該会社との間には、記載すべき取引関係はございません。
  3. (3)譲渡前後の議決権所有割合、譲渡株式数および譲渡価額の概要(予定)
    (1) 異動前の議決権所有割合 日立化成 60.0%、HAIC 40.0%
    (2) 異動後の議決権所有割合 日立化成 0.0%、HAIC 0.0%
    (3) 譲渡株式数 日立化成 60株、HAIC 40株
    譲渡価額につきましては、Jianghaiとの間の守秘義務に基づき非開示とさせていただきます。

7. 今後の見通し

本件が2020年3月期連結業績に与える影響は軽微です。

以上